サイクルモード2018 個人的に気になったアイテムをご紹介 その①

こんにちは! KIMORIの金延(かねのぶ)です。
2018年11月9日から11日までの3日間、幕張メッセにて「CYCLE MODE international 2018」が開催されました。

今年は会場が1~4ホールから9~11ホールへと変更になり、去年よりもブースが減って少し寂しくもありますが、
1日で各ブースを回れるほどの広さになったので、むしろ逆にちょうどよくなったのかなという気もします。

この記事では、僕が個人的に気になったアイテムをピックアップしてご紹介していきたいと思います。
 
 
 

 
 
 

今年のサイクルモードを軽く見回してみて思ったのは、E-bike(電動自転車)が本当に増えましたなーと。
駆動方式の違いやバッテリーマウント箇所の違い、それからデザインも様々なモデルが展示されていました。

これからもE-bikeはますます増えていくことでしょうから、今後は実用性だけでなくデザイン面でも差別化を図ったモデルが市場に求められそうですね。
 
 
 

 

それから、各都道府県の自治体のブースも沢山見かけました。
四国の四県での合同ブースのほか、県単位だけでなく、市町村単位での出展もありました。

最近の健康志向ブームで、自転車を移動手段としてだけでなくスポーツとして乗る人も増えてきましたが、
自転車で走りやすいコースというのは日本国内にはまだまだ少ない現状です。

各自治体の地域活性化策として、そんなサイクリスト達をターゲットにした企画が増えつつあるように感じました。
 
 
 

ではまず、最初にご紹介するのはこちら「OUTRE」さんのブースです。

お気づきの方もいらっしゃると思います。はい、そうです。何を隠そう、弊社KIMORIも深く関わらさせて頂いているブランドです!
というわけで、OUTREブースを一番目にご紹介させて頂きます(笑)

OUTREは、弊社取引先の「アステージ株式会社」様の新規スポーツブランドの名称です。
この名称には、「とっぴな」や「一風変わった」という意味が込められているそうです。
 
 
 

 
 

ブースでは、弊社が開発協力を行った新感覚の自転車「ONE POINT FIVE」のほか、
OUTREの新作スポーツウェア類やサイクルバッグなどのアイテムが展示されました。
 
 
 

 
 

そして、この自転車は会場内の特殊車用コースにて試乗も実施しました。
「新感覚」とうたっているだけあり、一般的な自転車とは乗り方の感覚が全く異なるため、やはり皆さん苦戦されているようでした。

しかし、自転車に関して皆さんから頂いた評価はおおむね好評で、私共としても大変嬉しく思います。
こちら来年春頃に販売予定ですので、ぜひともよろしくお願いいたします。

ちなみに、試乗イベントは今後も各地で開催していく予定ですので、どうぞお楽しみに!
 

その②へつづく

サイクルモード2018 個人的に気になったアイテムをレポート その②


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA